楽しいだけが音楽じゃない / The Naked Blues (LAMP IN TERREN)

※BABY STEP大阪公演のMCや演出に関する記載を一部含みます※

LAMP IN TERRENのライブは今、最高潮に素晴らしいのでみんな一度見てくれ、と心から思う。

昨年Vo.松本大声帯ポリープの手術をするのに伴い数ヶ月活動を休止していたのだけど、活動再開してから生まれ変わったかのように音楽もライブも格段にレベルアップを重ねている。

昨年12月にリリースされたアルバム「The Naked Blues」を引っ提げてのツアー中なので(といっても後はファイナルの東京だけだけど)、本当に一度足を運んでみてほしい。

このアルバムについて「ありのままの素裸」だと大さんは言った。
これまでは理想の自分、いわば本来の自分ではないものになろうとしてきたけど、そうではなくて、そのままの自分をさらけ出したのだと。
日記のような手紙のようなとも言っていた通り、真っ直ぐな彼自身がそこにいる。

これまでのアルバムも十分に良いし大好きなのだけど、今回のアルバムはずば抜けて最高です。
…ということで、このアルバム全12曲について語ります。
(引用の歌詞は好きなフレーズで、必ずしもサビではないです)


LAMP IN TERREN 4th Album「The Naked Blues」全曲Trailer -2018.12.5 Release-

1. I aroused

眠るように私は目を覚ます あるがままで光る

夜道を歩くときに聴くのが個人的にはベストな曲。
自分の内側にふっと潜り込んだ先に世界が拓けている絵が浮かぶ。
煌々とした光ではなく、暗闇の中にぼんやりと滲む光に希望を見るような。

私たちは周りの人の目とか言葉とかいろんなものに影響を受ける。ある意味では惑わされると言ってもいいかもしれない。
そういうときに原点に立ち返るというか、もう一度自分自身の声に耳を傾ける。自分自分の望みを知る。そんなイメージ。


2. New Clothes

俺は恥ずべき裸の王様 そして新しく袖を通す
他の誰でもない俺が 選ぶ 歪な正しさに

1曲めからの音の繋ぎが最高に格好良い。
好きなMV、花と詩人と並んでツートップです。
エレベーターのドアがひらいて光が射し込んで曲名がぱーんと出てくるあのシーンは素敵すぎでしょ。

LAMP IN TERREN「New Clothes」Music Video

周りの期待に応えようと理想という名の鎧を身に纏って、本来の自分と理想との間に引き裂かれて。
痛々しいその姿が自分にも重なるからこそ、上に引用した歌詞がラストに来たときにカタルシスを得るのだと思う。


3. オーバーフロー

もういっそフルボリュームで叫ぶよ 君に愛されたい!

ライブでシンガロングするのがとても嬉しい曲。
真っ直ぐな歌詞ばかりのこのアルバムの中でもいちばんど直球。

これはさらけ出したなあ!!って思った。
愛されたい、うん、そうだ。多分私もまた愛されたいとどこかで思ってる。
だから愛されたいと叫ぶあなたを眩しく思うし、愛したいし愛している。

2月のSEARCHのとき、大さんが「嬉しくて笑っちゃうわ」と思わず零れた感じの笑みで言った瞬間、幸福としか表現できない気持ちになった。


4. BABY STEP

僕が僕を好きになった瞬間から
世界は全ては変わっていくのだから
僕が僕として生きることこそが偉大な一歩目だから

ツアータイトルにもなっているリード曲。
最初に聴いたのは弾き語りだったのだけど、この歌詞で泣いた。

LAMP IN TERREN「BABY STEP」Music Video -4th Album「The Naked Blues」2018.12.5 Release-

そのときのMCで「真実よりも理想の方がきれいだと思う。それでもありのままの自分でいたい」というような話をしていたのがめちゃめちゃに胸に刺さって、その上でのこの曲だったからそりゃあ泣きます。

他人と自分を比べては何もかもが劣っているように感じて、ありのままの自分では足りないと否定して、周囲が期待される姿を演じてはそれが受け入れられる度に「求められているのは演じている自分の方なのだ」と負のスパイラルに陥っていく。自分でも自分が解らなくなっていく。
ああ、これは私だって思った。

自分自身を受け入れること、とりわけ駄目な自分や弱い自分を受け入れることは難しい。
だからこそそれは世界を変えてしまう程の偉大な一歩となるのだ。

ツアーのMCの言葉が忘れられない。この曲と共に、何度も思い出してはこれからの私を支えていくのだろう。
「自分のしていることを愛してあげてください、自分のことを愛してあげてください」
「駄目でも、駄目じゃないから」


5. 花と詩人

いずれ枯れるとしても 時計の針を戻しはしないよ
君のいない日々はもう僕じゃないから

MVが非常に素敵です。単純に映像としても美しいし物語性がある。
大さんディレクションと知り、そんなところにも才能が…と感嘆するなど。


LAMP IN TERREN「花と詩人」Music Video

歌詞だけを読むと恋愛をテーマにしたものに見えるけど、MVを観るとそこに描かれているのは音楽への愛なのだなあと感じる。
「愛している」なんていう陳腐な言葉でしか表せないのを歯痒く思う程の深い想い。


6. 凡人ダグ

あー何もないなら 踊るか もう
別にやりたいこともないしな 全部面倒くせぇや
あぁ どうぞ 笑ってくださいな

地球儀と並んで、通勤のときによく聴く曲ランキング1位。
テイストとしては全く対極にあるのが面白いところ。

水脈を掘り当てようと必死に地面にシャベルを突き立て、それでも掘り当てることはない。
自分にはもう何もないんだと自嘲しながらも、そのうち見返してやるからなとハッタリでも言ってのける、いっそ自暴自棄なくらいの感じがとても好き。

アルバムに付いてるDVDのインタビューで、これは自分を描いているのではないと大さんが言っていたのがかなり意外だった。完全にそうだと思ってたので。


7. 亡霊と影

どうか弱い僕にも 生きる意味がありますように

手術のことを書いた曲なんだなとすぐに分かった。
この曲の根底にあるのはおそらく喪失感。
これまでが全部夢だったように思える程の一瞬で、違う自分になっている。
怖かっただろうなあ。でももっと良い状態になってパワーアップして戻ってきてくれた。本当に良かった。

ちなみにこれ、ライブで聴くとベースが音源よりも更に格好良いです。


8. Dreams

それが夢だと知って 僕らは嵐に飛び込んでいく
今も輝いて 心を呼ぶ光の方へ

応援ソングというオファーだったけど、自分で自分の背中を押すような曲になったとのインタビュー。仕事でちょっと気合い入れなきゃいけない朝、私もまた背中を押してもらっている。

夢は遠くのキラキラとしたものとして置いておく分にはただただ綺麗な存在だけど、実際に近付いていこうとするとそこにあるのは茨の道。
それでもその先にある光に向かっていく姿がきらめきを発する。


9. Beautiful

消えると知っていて 命を放つ
暗闇を裂いて また次ぐ闇へ

個人的にはいちばんライブで化けた曲だった。
ハンドマイクで歌にも振りにも感情が思い切り込められていて息を飲んだ。
大抵のバンドでボーカルが作詞しているのはきっと、作詞者にしか出せない表現の深さがあるからなんだろうなと思わされる凄み。

一瞬だけ輝きを放って消えていく雷と、自身を重ね合わせた歌詞。
強さと儚さは両極端のようでいて表裏一体なのかもしれない。


10. おまじない

着飾っていても全ては
僕らしくあるため使う まじない

不意に気付いたら口ずさんでいる率の高い曲。
「おまじない」という言葉のチョイスがかわいい。

おまじないを唱えることは、自分の願いを言葉にすること。
こうなりたい、こうなってほしい、何を望むのかを形にすること。


11. Water Lily

寂しさはきっと愛しいもの
繰り返しながら埋めていくよ

これもまたMVが良いのです。

LAMP IN TERREN「Water Lily」Music Video

孤独を感じるのは一人ではないから。だからその寂しささえも誰かとの繋がりの証で愛しい。
そんなこと考えたこともなかったけど、言われてみればそうかもしれない。


12. 月のこどもたち

ひとりのままじゃ輝けない
僕はお日様じゃないの わかるから
だけどね 光るよ 君がいれば いつまでも

ツアーでこの歌詞を背を向けて光を見上げて歌う場面が照明の演出すごく良かった。

自分で光れなくても、月のように光を受けてそれを誰かに手渡すことはできる。
私たちはきっとそんな風に光を乱反射して互いを支えあっている。

いつもライブで、隣にいるみたいな気持ちでいる、支えになれたらいいと思ってる、と言ってくれる。この曲はその言葉を音楽にしたみたいな感じ。「想われている」という感触がする。


自分でも驚くほど長々と書いてしまったわけだけど、とにかく聴いてほしい!!という一心です。ファンが推さなくて誰が推すのだという一念。

以前、わーっと盛り上がって楽しいだけが音楽の楽しさではない、日々の苦しさや憂鬱を取り払ってくれることもまた音楽の楽しさなんだと言っていて、それこそがLAMP IN TERRENの良さだと思った。

暗い気持ちのときに無理にテンションを上げに来るのじゃなくて、憂鬱に寄り添ってほんの少しだけ手を引いて前に進む力をくれる、そういう音楽を必要としている人は私以外にも居るはずで、その人たちに届いてほしいと思う。

彼らが私を支えてくれる分、私も彼らを支えたいなー何が出来るかなーと思って、思いの丈をありったけ書いてみました。

youtubeで聴いてみて良いなと思われたら是非CDご購入を!!
そして3/16(土)には東京にてツアーファイナルがございますので、よろしければこちらも是非是非!!
↓こちらからチケット購入できます!
https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=DA290003


製作についてのインタビューが付いた初回盤がおすすめです。


ちょっと初回盤は高いな…という方はCDのみのこちらを。

自宅でちょっとだけ運動したいときに「KaQiLa」

運動はそんなに得意じゃないけど身体動かしたいなーとか、

運動するのは面倒だけどちょっとは身体動かした方がいいよなーとか、

そんな感じの方には合うと思う「KaQiLa」というヨガ的なやつです。

 

以前ジムに通っていたときに参加したプログラムで、

「前屈してみてください! その感覚を覚えておいてくださいね!

 60分のプログラムの最後にもう一度前屈をするので比べてみましょう!」

なんてことをインストラクターが言いました。

 

懐疑的なわたしは「いやいや60分ごときで変わらんでしょう」と思っていたのですが、

ぎりっぎり指先が床に付く程度だったのが、軽々と床に触れるようになったのです。

単純なわたしは「すげえ!!」と思い、毎週そのプログラムに参加していました。

 

転職だなんだと忙しかったこともあり、ジムは退会したのですが、

これは続けたいなあと思ってDVD付きの本を購入し、

思い出したように時々やっています。

驚くことに、10分ぐらいするだけでも肩凝りに効くんですよね。

よかったらお試しください~

(2:00ぐらいからエクササイズ本編が始まります)

 


ろっ骨エクササイズKaQiLa~カキラ~

 

わたしが持っているDVD付きの本は、

10分/15分/30分のプログラムが入っていて、

その日の気分で時間を選べるのでけっこう気に入ってます。

経血が多い人の味方 月経カップ

手術関係で訪問してくださっている方が多いようなので、

同じような悩みを抱えていらっしゃる方もいるかもしれないのでご紹介。

 

子宮筋腫のせいか経血量が多く、毎回服や布団を汚してしまい、

それを洗濯するときの気分の沈みといったら・・・という感じだったので、

なんとかならないものかとネットで検索して見つかったがこれ!

 

信じることにする、という意思 /関数ドミノ 

 大好きなイキウメの作品が外部プロデュースで公演されていたので、観に行ってきた。

これまでそこそこの量の観劇をしているつもりだが、その中でベストの作品だった。

 

**ネタバレ盛大に含みます**

 

【あらすじ】

「ドミノ」と呼ばれる、本心から願ったことがすべて叶ってしまう存在。

本人は無自覚だが、周りはその願いを叶えるために倒れてゆく駒となる。

まるでドミノの最初の一個のように、彼の願望が周囲に影響を及ぼしていくのだ。

 

主人公の薫は、いつも自分の近くにドミノが存在するせいで自分は割を食わされているのだとと嘆いている。

ある交通事故をきっかけに、ドミノである疑いの高い左門と知り合い、ドミノの存在を証明しようと彼の監視を始める・・・。

 

いきなりラストシーンのネタバレだが、

左門の周りでは「奇跡」としか言えないような出来事が起こり、ドミノの存在が証明されたかのように見えたが、実際はドミノだったのは薫の方だった。

「左門がドミノであることを証明したい」という薫の願いが、左門の周りでの奇跡を起こしていたのだ。

薫は自分がドミノの力で傷付けてしまった秋山を、ドミノで救おうとするがなにも起こらないまま幕が閉じる。

 

ドミノが起こるのは「本心から願ったことだけ」であり、

この人を救う「べき」だという良心からは発生しないし、空を飛びたいというような自分でも叶うと信じられないようなことは叶わない。

 

薫は、自分のドミノの力を信じられなかったのだ。

ドミノの存在を心から信じていることは、左門の周囲での奇跡を起こしたことで判明している。

彼は「自分が」ドミノであることを信じられなかった。あるいは信じたくなかったのだ。

 

他人がドミノであることを信じること。

それは、その能力もないのに不当に何かを得ている他者のせいで、自分が代わりに犠牲を負わされているのだと信じることでもある。

自分が得られなかったのは自分の責任ではなく、ドミノのあいつが居たせいなのだと。

 

薫は自分がドミノであることを受け入れられなかった。

自分が不遇なのは、ドミノであるにもかかわらず不遇だったのは、

己の心が己を不遇にしたことを意味するからだ。

 

薫がドミノであると判明する前に、秋山が薫に言ったことそのままだ。

いつか自分がドミノが回ってくるかもしれない、だからポジティブな願いを持つの。

薫はどうしてそんなにネガティブでいるの? と。

 

薫がドミノのせいで自分は犠牲になっていると吐露するのに対し、

なんでも他人のせいにするだめなやつだなと感じる一方で、それは自分にも覚えのある感情でもあって。だからラストシーンは教訓のようにも思えた。

 

心理学で、「悪いことが起きる」と信じていると行動がそれに引っ張られ、結果的に自分でそれを実現させてしまうという話がある。それを思い出したのだ。

 

劇中に何度も出てきた「信じることにした」という台詞。

信じることは、自分の意思でもあるのだ。

自分で「できない」と信じていれば、できるようにはなれない。

「できる」と信じることはできなくても、「できると信じることにする」ことはできそうな気もするのだ。

 

 

死にたいわたしを救うのもまたわたし / 爽やかな逃走 (CIVILIAN)

 9/1に子どもの自殺が増えるということで、

夏休みの最終日、NHKで特集番組をやっていたらしい。

その中で、わたしを救った音楽というテーマで何曲か取り上げられていたようだ。

 

大好きなバンド、Lyu:Lyu(現:CIVILIAN)の曲も上がっていたようで嬉しい。

その曲「ディストーテッド・アガペー」も大好きな曲のひとつなのだけど、

わたしの中でLyu:Lyu/CIVILIANの救われる曲No.1は「爽やかな逃走」。

 

行きたくないところへ、それでも行かなくちゃと苦しむ人のための曲。

歌詞がどこもかしこも共感できすぎて、引用しはじめたら止まらないのでやめる。

行かなくちゃと思ってるのに、身体が拒否してどうしようもない感じとか、

ここまでがんばる意味ってなんなんだろうって思ったりとか、

吐きそうなくらい理解できてしまう。

 

ライブでは終盤のこの歌詞にいっつも泣かされる。

いつの間に言えなくなったの 「嫌だ」とか「やりたくない」とか

誰に習ったの 我慢しなさいって

君の中で首を吊ろうとしている君を

君だけが止められるんだ

 

その渦中にいるときは「行かない」という選択肢は重大なもののようなんだけど、

死にそうな思いをしてまで耐えるようなことはないんだと最近は思う。

経験上、他人からすれば「逃げた」と言われるようなことを何度かやって、

それでもまあ生きていけるなって分かったから言えることだけど。

 

逃げるというのは簡単なことではなくて、

いろんな心理的な葛藤を乗り越えてようやくできること。

惰性と妥協と我慢で生きてるよりよっぽど行動的でいいと思うのです。

 

Amazonでたった¥270ぽっちでポチれるので、

試聴して声質が好みでないとかでなければ是非!!

子宮筋腫・卵巣嚢腫手術記 (術後5カ月)

サブテーマとして書いていた手術記がいちばん需要があるようなので、

手術のその後の話を書こうと思う。

 

手術後3週間で仕事復帰の予定だったが、

3週間ではふつうに歩くこともまだままならず、

少し動いただけで体力の消耗が半端ではない状態だったため、

「この状態で復帰しても使い物にならん!」と

上司に連絡して1週間延長してもらった。

 

たった1週間だが、その1週間がとても大きく、

比べ物にならないくらいさくさく動けるようになっていて、

(自転車も乗れるようになってた!)

仕事も問題なくこれまでどおりのフルタイムで復帰できた。

 

 体調はというと、すべての筋腫を取りきったわけではないので、

生理痛はこれまでとほぼ変わらずあるけれど、腰痛はかなり改善された。

癖のように頻繁に腰を叩いていたのが、まったくなくなった。

元々症状が重かったわけでもないから、改善もそんなに実感はない。

 

残っている筋腫の育ち具合を見てもらうために、

数カ月に一回病院に通う程度で、特に仕事にも支障はなく、

手術したなんて嘘のように、これまでどおりの日常。

 

傷跡もほんとうに小さくて薄く、こんなので手術できるんだ!と

現代の医療技術には感服。

ただやっぱり気持ち的に傷跡の近くをさわるのはいまだにどきどきして、

お風呂でもそこだけは擦るのを気にしてしまう。

 

今ある筋腫がまた大きくなってしまったらまた手術になるけど、

これぐらいの苦痛・苦労なら全然耐えれることが分かり、ちょっと気楽。

案ずるより産むが易しというけど、経験者にだけ言えることだそれは。

 

私も手術前はすごく不安で、いろんな人の体験記をネットで読み漁ったから、

もし私の書いているものが誰かの不安を少しでも軽減できたらいいなと思う。

 

 

寄り添う、その一歩先へ / CIVILIAN

昨日のCIVILIANの改名1周年ライブ。

 

Lyu:LyuからCIVILIANになったことを体感させられたライブだった。

セトリの組立ても、Lyu:Lyu時代のものは中盤のアコースティックとアンコールのみ。

たった1年で、CIVILIANとしての楽曲だけでライブができるバンドになっていた。

 

そして「生者ノ行進」は大きなターニングポイントだったのかもしれない。

客席に呼び掛けて一緒に歌う、というスタイルはLyu:Lyuには似合わなかった。

あの演者と客席の一体感はCIVILIANだからこそ生み出せたもの。

 

鬱ロックと言われることもある彼らがメジャーデビューし、

これまでとは違う新たな一面を開花させていく姿に、

ファンはそれだけで力をもらえる。

 

以前、彼らのことを「生きづらさに寄り添う音楽」として記事を書いた。

 

atamanonaka.hateblo.jp

今、彼らは「寄り添う」の先を行こうとしている。

 

「頼りない足でも僕等は歩けるさ ほら一緒に歌おうぜ」(生者ノ行進)

 

一緒に、進もうと言ってくれる。

自分も同じように傷ついているよと寄り添うだけではなく、

それでも一緒に行こうぜと背中を押してくれる。

 

これまでの歌詞に多かった 救う/救われる という二元的な関係性。

でも本当は、あなたが私を救うのと同じくらい、あなたも私に救われているのだ。

だからほら、一緒に行こうぜ、っていうことかなーと思ったりする。

 

CIVILIANになってからの楽曲は前向きすぎる、と言っている古参ファンが多くて、

その気持ちは分からないでもなくて、でも言いたい。

彼らは何もポジティブ一辺倒になったわけじゃないんだよ。

Lyu:Lyuのときの、あの痛みを分かり合える感じをそのままに、

それでも手を取って一緒に行こうぜ、って言ってくれてるだけなんだよ。

痛みを分かち合った、その向こう側に。

 

「生者ノ行進」と、8月リリースの「顔」。

「顔」のMVはとにかく篠原ともえが良いっす!

 

 

 

そして、まだまだ売れてるとは言い難いバンドなので、

気になった方は、ぜひぜひCD購入で応援してください!