読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説

わたしが決めるということ / あのひとは蜘蛛を潰せない(彩瀬まる)

親にかけられた呪縛と戦っている人は、この主人公は自分だ、と思うだろう。 温かいごはんを毎日用意し、娘が帰るまで食べずに待っていたり、 高価な服や化粧品を買い与えたりと過保護な一方で、 「頭が悪い」「脚が太い」とけなす言葉を放つ。 そんな母親と…