読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが決めるということ / あのひとは蜘蛛を潰せない(彩瀬まる)

親にかけられた呪縛と戦っている人は、この主人公は自分だ、と思うだろう。

 

温かいごはんを毎日用意し、娘が帰るまで食べずに待っていたり、

高価な服や化粧品を買い与えたりと過保護な一方で、

「頭が悪い」「脚が太い」とけなす言葉を放つ。

 

そんな母親と二人で暮らす28歳の主人公の梨枝は、

息苦しさを感じつつも、母親から離れることができずにいる。

幼かった息子を亡くし、夫が愛想を尽かして出ていき、

女手ひとつで育てた息子も結婚を機に家を去る。

そんな母を「かわいそう」に思って。

 

しかし、大学生の三葉くんと付き合いだしたのをきっかけに、

梨枝は家を出て、少しずつ変わりはじめる。

 

「きちんと」「ちゃんと」しなきゃと、

実体のない規範に縛られている梨枝を、とても痛々しく感じる。

その一方で、それはまるで自分自身の鏡写しなのだ。

 

「正しさ」なんていうものは絶対的に存在するわけじゃない。

他の誰でもない、わたしが、自分で決めるのだ。

傷つきながらその結論にたどり着く姿に、力をもらう。

 

特に、過保護な親に息苦しさを感じている人にぜひ読んでほしい。